スクールバス事故 運転手と会社の過失を捜査
(/ :)

おととい大石田町で、スクールバスが縁石に乗り上げるなどして中学生2人が軽傷を負った事故で、警察は運転手や会社が過労運転も含めた道路交通法違反に該当するのか捜査しています。
この事故はおととい午前7時40分ごろ、大石田町海谷の県道で、大石田中学校に向かっていたスクールバスが進路左側の縁石に乗り上げるなどおよそ1キロの間で、4回に渡る事故を起こし、生徒2人が軽傷を負ったものです。
男性運転手は体長が悪く、朝、市販の風邪薬を飲んでいました。
警察では、運行会社の勤務日誌を調べるとともに会社や生徒から話を聞き、運転手や会社が過労運転も含めた道路交通法違反に該当するのか捜査しています。
戻る