消防と解体業者が重機連携訓練
(/ :)

大地震や大雨による災害の際に即座に対応できるようにと山形市消防本部と県内の解体工事業者が連携し重機による救助訓練を行いました。
「重機連携かかります。了解!」
山形市の霞城公園で行われた訓練には、山形市消防本部と県内の解体工事業の関係者ら、およそ30人が参加しました。
訓練は大規模地震や大雨により、土砂災害が発生した場合に、スムーズな救助ができるように連携体制を強化しようと毎年行われています。
きょうは道路の工事現場で、壁が崩落し作業員が土砂に埋まっているとの想定で行われました。
救助隊は重機のオペレーターとジェスチャーを交えながら連携をとり、慎重にがれきと土砂の撤去を行っていました。
山形市消防本部・川瀬浩行救命救急課長「山形県は地震や台風による被害が少ないが、山形でも起こる可能性は高いので、それに備えて常日頃から連携訓練をしていきたい」
戻る